« 2022年4月 | メイン

2022年5月

2022年5月14日

イケダム in Groovy Nuts

イケダム in Groovy Nutsイケダムです。

Groovy Nutsのクッキー缶を買いました。
Groovy Nuts はナッツのお店なので、クッキーもナッツを使ったものです。
ミニダムが昔、「おもたせしました」という漫画で読んで以来
ずっと心に留めていたそうです。
残念ながらぼくは覚えておらず、
気分的には初めての出会いです。

このクッキー缶、オンラインストアで毎週火曜日に
販売されるみたいです。
最近は土曜日にも販売している気配もあります。
ただ、人気が高いようですぐに売り切れてしまいます。
本当に1分くらいで売り切れてしまうので、
ミニダムがクリックの鬼になりながら注文し、
そうして届いた一品です。

白が映えるおしゃれなデザインの缶です。
サイトでの紹介によると中目黒のアーティストの方に
デザインしていただいているそうです。

クッキーを食べてみて驚いたことに、味がしょっぱいのです。
正確には8種のクッキーが入っているのですが、
その半分は甘いクッキーで、
残りの半分はしょっぱいクッキーです。

特にしょっぱいクッキーのうち一つは
「ヘーゼルナッツとトリュフのクッキー」で、
トリュフの風味がします。
スイーツのクッキーとは全く違った味わいです。
ミニダムにはたまらなく美味しいそうで、
その後トリュフ塩というのを買っていました。

ちなみにぼくはちょっと苦手でした。
トリュフを食べたことがないので知らなかったのですが、
どうやらぼくはトリュフが苦手なようです。
それにクッキーは甘いほうがいいと思うので、
ぼくの中では森永のムーンライトに軍配があがります。
チョイスも捨てがたい。

きっとしょっぱいクッキーは大人の味なのでしょうね。
大人のミニダムは一人で缶を抱えて食べていました。

2022年5月 5日

イケダム in 生ハム原木

イケダム in 生ハム原木イケダムです。

ミニダムは生ハムが好きで、
いつかは生ハム原木を手に入れ
思う存分食べてみたいと思っているのでした。

ただ生ハム原木、ひと抱えはあるサイズなので
場所は取るし全部食べるのは一苦労です。
しかも適切に管理しないとすぐに傷んでしまうらしいです。

ということで空を飛べたらいいなあと同じ感覚で
生ハム原木を食べたいなあと言い続けていたのですが、
このたび、「生ハムミニ原木」なるものがあることを発見し、
早速購入ボタンをポチったのでした。

うすく切るのがちょっと大変ですが、分厚いとあまり舌触りが
良くないようです。
お店の生ハムがうすいのはケチっているからではないのですね。
あと、普段冷蔵庫に入れていますが、切ったあとにすこし
室温で置いておくのがポイントのようです。
柔らかくなって更に美味しくなります。

なお生ハムなのでやや塩味が強めです。
ぼくはスーパーで販売している丸大のロース生ハムのほうが
しょっぱくなくて好みです。
そう言ったらお前にはもったいないから食わせてやらんと
言われました。

そしておやつや夜食と称してちまちま食べ、
二週間ほどで食べきっていました。
このペースなら実は普通の原木も行けるかもしれませんね。

2022年5月 3日

ミニダム in ブレンダー

ミニダム in ブレンダーイケダムです。

ブレンダーを買いました。
ミキサーの中身だけが飛び出てきたようなやつで、
器に食材を入れてブレンダーを突っ込んで電源を入れると
混ぜたり刻んだり泡立てたりできるそうです。

ミニダムが前々から買おうかなーと言っていたのですが、
微妙に置き場所に困るということで長らく買わずじまいでした。
冬にマルチポットを購入したところ、お湯をガス台で沸かすようになり、
電気ポットを使っていないことに気がつきました。
そんなわけで電気ポットのスペースがブレンダーに割り当たって
ブレンダーを購入する運びとなりました。合理性ですね。

どこのブレンダーを買うかでも悩んでいたようなのですが、
最終的にブラウンのブレンダーにしました。
ひげ剃りの印象が強いですがキッチン用品も作っているようです。
そしてブラウンはいまデロンギグループだそうです。
ヒーターとひげ剃りが合体するとブレンダーになるんですね。
さらに黒と緑のデザインなのでちょっとXBOXを連想させます。
連想だけで異種格闘技戦が始まります。

7035という型番にしたので、スイッチの押し込み具合で
回転の強さを調整することができます。
持ち手のところを握るとちょうどスイッチのところに指が来て
握り具合で押し込み具合が調整できる仕組みです。
ただ、サイトに出ている写真は基本的に海外の方がモデルさんなので、
実際に届いたものは想像よりも一回り大きいもので、
手の中に握り込むというよりは多少支える感じで使うことになります。
「届いた商品を開けてみたら量が写真で見たよりも少なかった」
というネット通販でつきもののトラブルがまさか逆で起きるとは。

なおスタンドみたいなものはついていないので、
引き出しなどに転がしておく感じになります。
この辺のおおらかさもちょっと海外メーカーっぽいですね。

これで何が作れるの?とミニダムに聞いたら
以前買ったセラベイクと合わせ技でお菓子を作れたり、
あとみじん切りにした野菜でドライカレーも作れるそうです。
これからお菓子やドライカレーを作ってくれるという伏線ですね。
これをお読みの皆さまが証人です。

About 2022年5月

2022年5月にブログ「イケダム係長 旅行記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2022年4月です。