メイン

絵日記 アーカイブ

2007年11月29日

イケダム in 絵日記

イケダム in 絵日記
イケダムです。

近頃めっきり旅行記でなくなってきておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
そういうわけで日々の生活を記録するために絵日記をつけることにしました。
今後ともよろしくお願いします。

2007年12月 8日

イケダム in スタッフ絵日記

イケダムです。

運営チームでの協議の結果、絵日記はスタッフに書いてもらうこととなりました。
そういうわけでこちら→イケダム スタッフ絵日記

イケダム in スタッフ絵日記

2008年10月18日

テストメール


テスト投稿です。


テストメール


テスト投稿です。


テストメール


テスト投稿です。


テストメール


テスト投稿です。


テストメール


テスト投稿です。


テスト投稿だよ。


明けましておめでとう。

テスト投稿だよ。


明けましておめでとう。

テストだよ


テストだよ。


2009年1月 1日

イケダム in うごくメモ帳

イケダム in うごくメモ帳
イケダムです。

明けましておめでとうございます。
イケダム王国では餅は薄切りにしなくてはなりません。

年男ではないので年末年始ネタを無視して、「うごくメモ帳」でうごく絵日記を描きました。
年男ではないので108枚には足りませんでしたが51枚の大作です。

年男ではないので絵の上にマウスカーソルを置くか絵をクリックすると うごく絵日記が再生されます。

2009年4月11日

テスト登校


テストテスト


--
IKEDA Yasuyuki


2010年2月15日

iPhoneテスト


iPhoneから送ってみたよ。

iPhoneテスト


iPhoneから送ってみたよ。

iPhoneテスト


iPhoneから送ってみたよ。

2012年3月12日

イケダム in 1日

イケダム in 1日イケダムです。

今回はぼくとミニダムの一日の生活を12コマ漫画にしてみました。

12コマなのは偶然であって、本当は今年のカレンダーの図案だったからなんてことないんです。
まして図案は作ったけれども年内に仕上げなかったので、今になってミニダムが代わりに仕上げたなんてこともないデスヨ。

2020年6月 7日

イケダム in 1日1絵

イケダム in 1日1絵
イケダムです。

ミニダムがお絵描きに使う!と iPad を買ってからもうすぐ2年、
スローガンにしていた「1日1絵」は今日もちゃんとやっています。
ただし何故か絵を描いているのはぼくです。

描いた絵はミニダムが毎日 #ミニダム1日1絵 でツイートしています。
「ミニダム1日1絵」と謳っているのでミニダムが描いていると思われることが多いのですが、
実際にはミニダムは何もしていなくてぼくが描いています。
実際にはミニダムはプロデューサー兼ディレクターとして作品に携わっています。

そんなわけでブログの更新が疎かになっています。
そしてミニダムから毎日の絵だけじゃなくてたまにはブログも描けよ
読むものがなくて悲しいじゃんと圧力がかかりました。
強欲ですね。


そして1日1絵のことを紹介ついでに「1日1絵を支える技術」を紹介します:

どちらも絵の書き方の本です。


デジタルイラストの「背景」描き方事典『デジタルイラストの「背景」描き方事典』は、美術の教科書のような
正しい絵の描き方や写実的な絵の描き方を解説
…しているわけではなく、どんなツールを使ってどんな手順で描けば
それっぽい背景になるかの解説が行われいます。

もちろん写実的に描くための自然現象の仕組みの説明などもされているのですが、
ぼくにはそれに続く手順部分が特に有用で実践的だと思いました。

この本の登場以来、それまでほぼ真っ白だったミニダム1日1絵の背景に
色がつくようになりました。


“主線なし"イラストの描き方『“主線なし"イラストの描き方』は、主線=黒い線を描かない絵の描き方の本です。

個々のキャラクターが目立たなくなり全体でひとまとまりの絵になって見えて、
絵本のような雰囲気になります。

結果的に風景を描くことになるので、ここでも背景の描き方が大活躍です。
なおイケダムとミニダムは薄いピンクに近い色なので目立ちづらく、
主線なしだと描きづらいな、と常々感じています。


両方ともタイトルに「」“" と引用符があるので、
引用符がタイトルにある本にはなにかの秘密がありそうです。

About 絵日記

ブログ「イケダム係長 旅行記」のカテゴリ「絵日記」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは運営です。

次のカテゴリは楽屋です。